Soul Blog


by spacegallerysoul
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

はじめましてん!!

福山女子短期大学 生活学科 生活創造専攻2年生6名による初のグループ展です。
b0120028_156717.jpg
春まっただ中の暖かい季節、木々が新しく若葉をつけるように、
彼女たちの作品をみると、若さの中に自由や創造というものを感じてしまう。

「いつもは課題の中で絵を描いている。
 だから今回は課題無しの中で私らしい絵を描きたかった。
 そこをみてほしい」
っと言うように、全員全く違う 自己表現を感じれると思います。

会期 4月24日(木)~4月30日(水)  11時~19時  月曜定休日
[PR]
# by spacegallerysoul | 2008-04-24 15:05 | グループ展

駐車場!!

スペース甦謳るからの嬉しいお知らせ。

今まで「甦謳るの駐車場はちょっと遠いなぁ」って思ってた方、

甦謳る南隣りが新駐車場となりました。

これからは、今まで以上にお気軽にお立ち寄りください。
b0120028_13352498.jpg

店内もスペース優先に皆様をお待ちしています。
[PR]
# by spacegallerysoul | 2008-04-08 13:38 | 甦謳るnews

甦謳る美学1 

   PRIMITIVE ART(プリミティブ アート)
b0120028_14352283.jpg
   本来それは芸術を意図として生み出されたものではなかったと思われる。
   にもかかわらずそれは現代の意図的なアートを 正面から切り崩す程の
   圧倒的な沈黙の力で 静かに 密やかに 美の根源性を問いかけてくる。
   ここに息づく「無意識の美」に 芸術 美術の誕生を感じるのはなぜだろう。
   祟高なものに向い ただただ純な人々の手によって生み出されたこれ等の
   物たちは時として、奇をてらったように作成され続ける現代美術を寄せ付け
   ない程に超えて存在している・・・と受け止められるのは僕だけだろうか・・
[PR]
# by spacegallerysoul | 2008-03-19 14:40 | 甦謳る美学

東海道五十三次

安藤広重作 東海道五十三次
 2008.2.15(金)~2.29(金)
b0120028_14154246.jpg
安藤広重が描いた「東海道五十三次」
五十五図揃いは、天保4年(1833)江戸の天保堂という版元から出版されたのを
起こりとするとされています。
東海道は既に奈良朝以前より重要な街道として存在していましたが、
鎌倉時代に、更に整備されたものとみられています。
近代、殊の外目まぐるしく変化し続ける日本の景色を、
広重の残してくれた街道とそこに見られる当時の人々の営みに思いを馳せて、
立春のひと時をお楽しみくださいますよう、ご案内申し上げます。
[PR]
# by spacegallerysoul | 2008-02-08 14:18 | イベント

新春郷土の作品展

寒気団がいらっしゃいました。メチャさびィ~!!です。ねっ!
福山は久々の雪景色に包まれました。やっぱ、雪は美しいです。
ただ、甦謳るは、「寒い。寒い。」とばかり言ってはいられません。
新春のこの時期、日本画と書を中心に郷土福山が生んだ作家の
作品を展覧しています。
b0120028_17132888.jpg
道中は寒いですが、甦謳るの中は暖かいですよ。
お茶と楽しいおしゃべりもあります。 遊びにお越しください。
[PR]
# by spacegallerysoul | 2008-01-23 17:19 | 甦謳るnews