Soul Blog


by spacegallerysoul
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

白について


古今の彩 第2弾。 今回のテーマは「白」。
ヒトが初めて見た「白」は、どんな白だったのだろう。
雲、月、雪、打ち寄せる波、それを見つめる白眼だろうか。
 
他の色との関係の中で、時に「白」はそれ自体が前面に立ち、
時に自らを背景と化しては、他の色を際立たせる。

磁州窯の、影青の、伊万里の、そして李朝の白、白、白。
豊かに広がり深みを感じさせる「白」。

  歴史を重ね時代の深みを表す古美術の「白」と
  初々しく今に生まれ来た現代アートの「白」。

そもそも、
「古美術」と「現代アート」は、共存し得ると信じている。
b0120028_15515215.jpg


時代を超えて選び抜かれ今なお息づく美しいモノは、
今に生まれた「美」を、そのままで静かに受け入れる。

時代は移り行き、ヒトの生活様式や感覚はそれと共に
変化する。変わりゆく中にあって変わらぬもの。
それは、
豊かになりたいと願い、心潤す芸術を求める想いだ。

 古人の残した「白」に、現代作家が創り上げた「白」が
共鳴し合う空間に身を置いて、多種多様にある「白」の
中から、あなたの「白」を見つけていただけたら幸いで
ある。
b0120028_15533352.jpg

この度の企画に、快く出品協力をくださいました9名
の作家の皆様には心より感謝申し上げます。
[PR]
by spacegallerysoul | 2010-04-17 16:25 | 甦謳るnews